SpriteStudio5 Player for UE4

Icon128

■HUDで使用する方法

このページでは、SpriteStudioアニメーションデータを、HUD上に描画する方法を説明します。

SpriteStudioプラグインについてはコチラ、SpriteStudio本体についてはコチラをご覧下さい。

 

本ページでの説明は、UMGを使用せずHUDクラスを使用した方法になります。

こちらは古い機能なので、最新版ではUMGの使用をオススメします。

UMGを使用する場合は、コチラをご覧下さい。

また、UE4のHUDの使用方法が分からない場合は、コチラで解説しています。

 

HUDでSpriteStudioのアニメーションデータを使用する場合は、HUDのBlueprintを作成する際に「SsHUD」をベースクラスとして指定して下さい。

6_1

 

SsHUDを継承したBluePrintを作成すると、最初から SsPlayerComponent という名前の SsPlayerコンポーネントを1つ保持しています。

この使用方法は BluePrint から使用する場合と全く同じですが、「RenderMode」プロパティが「Canvas」に設定されています。

さらにSsPlayerコンポーネントを追加することも可能ですが、その際にも、この設定を行うようにして下さい。

6_2

 

あとは、通常のHUDと同様に「Receive Draw HUD」イベントから「DrawSsPlayer」を呼び出すことで、HUD上に描画することが出来ます。

6_3

 

この時に指定する座標と回転の中心はアニメーションのピボット、スケールの基準はアニメーションのキャンバスサイズとなります。

 


目次

■チュートリアル :本プラグインを新規に導入される方は、まずはこちらのチュートリアル記事をご覧下さい
自分のプロジェクトへの導入方法
SSPJファイルのインポート方法
BluePrintからの使用方法
 ・HUDでの使用方法 UMG / Canvas

■機能リファレンス :BluePrintの機能リファレンスは、下記のページをご覧下さい
プロパティリファレンス
BluePrintリファレンス

■TIPSなど
TIPS & 制限事項
パッケージ作成手順

■SpriteStudio本体について
ウェブテクノロジ様の公式ページをご参照ください
http://www.webtech.co.jp/spritestudio/

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カテゴリー

ページ上部へ戻る