SpriteStudio5 Player for UE4

Icon128

■UMGからの使用方法

このページでは、SpriteStudioアニメーションデータを、UMG上にレイアウトして使用する手順を説明します。

SpriteStudioプラグインについてはコチラ、SpriteStudio本体についてはコチラをご覧下さい。

 

WidgetBlueprintを作成したら、Paletteの「Sprite Studio」カテゴリから「Ss Player Widget」を選択して配置します。

Detailsウィンドウから「SsProject」にSsProjectアセットを設定すれば、それだけでアニメーションが再生されます。

必要なプロパティを設定し、初期アニメーションの設定を行って下さい。

5_1

 

CanvasPanelやGridPanel等のように、他のウィジェットを「Ss Player Widget」の子にすることが出来ます。

そして、子ウィジェットのSlotの「Part Name」にSpriteStudioアニメーション上のパーツ名を指定すると、子ウィジェットをそのパーツにアタッチさせることが出来ます。

(頂点変形機能への対応は不完全です。最終的な形状が平行四辺形になる形であればアタッチが可能です。)

 

プロパティやブループリントからの使用方法はSsPlayerComponentとほぼ同様ですが、UMGで使用する際は、アルファブレンドモードはMIXのみの対応となります。

 


目次

■チュートリアル :本プラグインを新規に導入される方は、まずはこちらのチュートリアル記事をご覧下さい
自分のプロジェクトへの導入方法
SSPJファイルのインポート方法
BluePrintからの使用方法
 ・HUDでの使用方法 UMG / Canvas

■機能リファレンス :BluePrintの機能リファレンスは、下記のページをご覧下さい
プロパティリファレンス
BluePrintリファレンス

■TIPSなど
TIPS & 制限事項
パッケージ作成手順

■SpriteStudio本体について
ウェブテクノロジ様の公式ページをご参照ください
http://www.webtech.co.jp/spritestudio/

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カテゴリー

ページ上部へ戻る