SpriteStudio5 Player for UE4

Icon128

■自分のプロジェクトへの導入方法

このページでは、SpriteStudioプラグインの導入手順を説明します。

SpriteStudioプラグインについてはコチラ、SpriteStudio本体についてはコチラをご覧下さい。

 

1.GitHubからダウンロード

まずは、GitHubの本プラグインのページから、UE4プラグインとサンプルプロジェクトをダウンロードします。

 

GitHubの使用方法が分かる方は、通常どおりクローンして下さい。

分からないケドとりあえず試したい!という方は、画面右下の「Download ZIP」からzipファイルをダウンロードし、解凍して下さい。

 

2.シェーダファイルをエンジンフォルダにコピー

本プラグインで使用しているシェーダファイルを、エンジンのインストールフォルダ内にコピーする必要があります。

下記のフォルダの内容を、エンジンのインストール先のShadersフォルダにコピーして下さい。

SsPlayerExamples\Plugins\SpriteStudio5\Shaders

エンジンのインストール先のShadersフォルダは、デフォルトでは下記になります。

Windows: C:\Program Files\Epic Games\4.7\Engine\Shaders

Mac: /Users/Shared/UnrealEngine/4.7/Engine/Shaders

 

3.サンプルプロジェクトを実行

SsPlayerExamples.uproject ファイルをダブルクリックして、サンプルプロジェクトを開きます。

 

サンプルプロジェクト内には、実際にこのプラグインを使用したブループリントやUMGのサンプルが含まれています。

是非実際に「Play」して、内容をご確認下さい。

 

4.自分のプロジェクトへの導入

サンプルプロジェクトの Plugins フォルダを、自分のプロジェクトフォルダにそのままコピーして下さい。

このフォルダ内には、ビルド済みプラグインとC++ソースコードの両方が含まれるため、BP/C++どちらのプロジェクトにもそのまま適用可能です。

 

※ビルド済みプラグインの対応エンジンバージョンについては、GitHub上の案内をご確認下さい。基本的に、最新バージョン用にビルドしたものをコミットしています。

※C++ソースコードの対応バージョンはUE4.7以降になります。最新バージョンへの対応状況については、GitHub上の案内をご確認下さい。

 

2_1

 

 

Pluginsフォルダをコピーしてプロジェクトを開いたら、正常に反映されたかどうかをプラグインエディタから確認します。

メインメニューから Window -> Plugins メニューを選択し、プラグイン一覧の中の Installed -> SpriteStudio5 を選択します。

上記の画像のように「Enabled」にチェックが入っている状態であればOKです。

 

正常にロード出来ない場合は、エンジンバージョンとプラグインの対応バージョンが一致しているかをご確認下さい。


目次

■チュートリアル :本プラグインを新規に導入される方は、まずはこちらのチュートリアル記事をご覧下さい
自分のプロジェクトへの導入方法
SSPJファイルのインポート方法
BluePrintからの使用方法
 ・HUDでの使用方法 UMG / Canvas

■機能リファレンス :BluePrintの機能リファレンスは、下記のページをご覧下さい
プロパティリファレンス
BluePrintリファレンス

■TIPSなど
TIPS & 制限事項
パッケージ作成手順

■SpriteStudio本体について
ウェブテクノロジ様の公式ページをご参照ください
http://www.webtech.co.jp/spritestudio/

 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カテゴリー

ページ上部へ戻る