SpriteStudio5 Player for UE4

Icon128

■パッケージ作成手順

このページでは、SpriteStudioプラグインを導入したプロジェクトをパッケージ化する手順を説明します。

SpriteStudioプラグインについてはコチラ、SpriteStudio本体についてはコチラをご覧下さい。

 

C++プロジェクト

特に問題ありません。

通常の手順で各プラットフォーム向けにパッケージ可能です。

 

BluePrintプロジェクト

現在のUE4(2015年4月 Ver.4.7.5)では、ビルド済みプラグインはパッケージの作成には対応していないようです。

パッケージ化のために、一旦C++プロジェクトに変換する必要があります。

※ UE4.8.1 以降で、ビルド済みプラグインのパッケージ化に対応されました。
  コレ以降のバージョンでの、Windows / Mac へのパッケージには、追加作業は必要ありません。
  Android / iOS へは、ビルド済みプラグインを提供していませんので、従来どおりC++コードのビルドが必要になります。
※ UE4.15以降で、Mac版ビルド済みプラグインの提供を終了しました。Macでの使用の際には、C++コードからビルドして下さい。

 

 

1.VisualStudio / Xcode をインストールする

C++プロジェクトとしてビルドする必要があるため、Windowsの場合はVisualStudioMacの場合はXcode をインストールしておく必要があります。

コード自体は1行も書く必要はありませんので、ご安心下さい。

 

2.プロジェクトにC++コードを追加する

メインメニューから File -> Add Code to Project… を選択します。

 

 

クラスの作成ウィンドウが出てきます。全てデフォルトのままでOKです。

 

 

これで、C++プロジェクトへの変換が完了し、パッケージ化が可能になりました。

 

Android / iOS などのプラットフォームへのパッケージ化は、それぞれ公式ドキュメントの手順を参照して下さい。

Androidプラットフォーム

iOSプラットフォーム

 


目次

■チュートリアル :本プラグインを新規に導入される方は、まずはこちらのチュートリアル記事をご覧下さい
自分のプロジェクトへの導入方法
SSPJファイルのインポート方法
BluePrintからの使用方法
 ・HUDでの使用方法 UMG / Canvas

■機能リファレンス :BluePrintの機能リファレンスは、下記のページをご覧下さい
プロパティリファレンス
BluePrintリファレンス

■TIPSなど
TIPS & 制限事項
パッケージ作成手順

■SpriteStudio本体について
ウェブテクノロジ様の公式ページをご参照ください
http://www.webtech.co.jp/spritestudio/

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

カテゴリー

ページ上部へ戻る