[UE4] 実機のプロファイリング!(iOS編)

03.17

[UE4] 実機のプロファイリング!(iOS編) はコメントを受け付けていません。

instruments_window_2x

今回は実機を使用してのプロファイルのiOS編です。Androidはこちら

 

はじめにエンジンやXcodeのバージョンによって手順など変わることがあるので今回確認した環境を書いときます。

MacBook Pro (OSX  Yosemite    Version 10.10.5 )

Xcode Version 7.2.1

UnrealEngine Version 4.10.4

またドキュメントのiOSクイックスタートを参考に実機での動作確認できる状態にしてください。

 

 

・Xcodeで起動する

今回プロファイルで使用するのは[Instruments]というXcodeでの開発では同じみの標準で備わっているツールを使用します。

なのでプロジェクトXcodeから起動する必要があります。ない場合は[~~.uproject]を右クリックし[サービス]を選択[Generate Xcode Project]で生成し、そのままエディタを起動させます。

 

・Launchし実機にアプリをインストールさせる。

実機でのデバックをしたときと同様にアプリをインストールさせます。

インストールし、実機での動作を確認できたらエディタを閉じXcodeに戻ります。

 

・Xcodeで実機を起動させる

あとはこれを実機用のスキームに。。。変更して。。。終わっ

スクリーンショット 2016-03-16 13.09.34

たと思ったのですがどうやらバージョンが変わったことで今はなくなったようです。現状あるスキームの設定を変えてもいいですが今回は実機用にスキームを追加しました。

 

・スキームの追加

新しく追加する場合は[New Sheme…]を選択しターゲットをプロジェクト名だけのものを選択し、スキーム名を[TestProject_iOS]としました。

スクリーンショット 2016-03-16 13.09.46

 

キャプチャ

追加するとスキーム選択時の一覧に表示されます。

 

・ビルド設定を切り替える

[TestProject_iOS]を選択した状態で今度は[Edit Sheme…]を選択します。

スクリーンショット 2016-03-16 13.10.56

↑の画像のような画面が出たらそれぞれ[Development]を指定し[Close]を押します。

 

 

後は[Instruments]を起動させればプロファイルすることができます

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る