[UE4] Input入門

05.13

[UE4] Input入門 はコメントを受け付けていません。

input

今回は、BluePrintから、キーボードやマウスなどの入力を利用する方法を紹介します。

 

1.基本的なキーイベントの取得

まずはもっとも単純な、キーが押された時と離された時のイベントを取得します。

UnrealEditorを開いて、↓のメニューからLevel Blueprintを開きます。

「Event Graph」内を右クリックして、アクションリストを開きます。[Input -> Key Events] の中に、キーボードのボタンがずらーっと並んでいます。

この中から、取得したいキーを選択してノードを作成します。今回は「Z」キーを選択します。

 

「Z」というノードが作られます。

これで、Zキーが押された時に「Pressed」、離された時に「Released」に処理が流れてきます。

それぞれに簡単な文字列表示のノードをつないで、結果を確認してみましょう。

 

「Play」で実行してビューポートをフォーカスし、Zキーを押してみましょう。

キー操作に合わせて、画面左上に文字列が表示されます。BlueprintEditor上でも、処理が流れているのが確認できます。

 

2.マウスボタン、マウス座標の取得

マウスの各ボタンの操作を取得する方法は、キーボードと同じです。

[Input -> Mouse Events] の中に、各マウスボタンが並んでいます。今回は「Left Mouse Button」を選択して、左クリックイベントを使用します。

 

次に、クリックされた際のマウス座標を取得してみます。

マウスやキーボードの状態は、PlayerControllerというクラスが保持しています。

↓の赤マルで囲った部分のように、GetPlayerControllerという関数でPlayerControllerを取得し、そこから現在のマウス座標を取得します。

右半分では、座標を文字列に変換して画面に表示しています。

実行すると、左クリックしたマウス座標が表示されるのが確認できます。

ただ、デフォルトの状態では標準マウスカーソルが非表示のため、画面のどこをクリックしたのか分かりません。

マウスを使用する場合は、マウスカーソルを表示しておいた方が便利です。

 

標準マウスカーソルを表示するかどうかのオプションも、PlayerControllerクラスが持っています。

↓のように、ゲーム開始時にマウスカーソルを表示するように設定することで、標準マウスカーソルを表示することが出来ます。

 

これで、マウスクリックイベントと、クリックされた座標を取得することが出来ました。

 

 3.ActionMappings

ゲームでは、プラットフォームによって使用できるキーが違う場合や、開発途中で操作方法が変化する場合が良くあります。

そのような場合に直接キーイベントを使用していると、面倒な処理を書かなければいけなかったり、大量の変更点を修正する必要が出てしまいます。

それを避けるために、自分のゲーム用のキーバインドを設定して、それをキーイベントとして設定することが出来ます。

 

メインウィンドウのメニューから、[Edit -> Project Settings…] と選択し、Project Settingsウィンドウを開きます。

[Engine -> Input -> Bindings -> Action Mappings] の項目内で設定を行います。

「Action Mappings」の「+」ボタンを押すと、1つアクションを作成します。

その中にキー入力を追加していくことで、自分で付けた名前でキーイベントを扱えるようになります。

 

↓の例では「MyAttack」と「MyDefence」という2つのアクションを登録しています。

「MyAttack」はキーボードの「Z」キーか、ゲームパッドの右トリガを押すと、キーイベントが発生するようになります。

「MyDefence」はキーボードの「X」キーか、ゲームパッドの左トリガを押すと、キーイベントが発生するようになります。

 

アクションを登録したら、これをBlueprintから利用することが出来ます。

下記のように、[Input -> Action Events] の中から、自分が追加したアクションを選択できるようになっています。

これを使用すると、アクションに登録されたキーのうちどれかが押された際に処理が流れてきます。

 

これらのアクションイベントは、「Z」などのキーイベントと全く同じように扱うことが出来ます。

このようにアクションマッピングを利用してゲームを作成することで、後から操作方法を変更したり、対応プラットフォームを追加する際に、最小限の手間で対応することが出来るようになります。

 

TIPS

マウス座標を取得するのに使用したPlayerControllerですが、ここから色々な情報を取得することが出来ます。

そのなかからいくつか、便利な機能を紹介します。

  • IsInputKeyDown 指定したキーが、現在押されているかどうかを取得します。キーの同時押しを取得したい場合などに使用します。
  • GetInputTouchState AndroidやiOS端末でのタッチ状態を取得します。GetMousePositionと同様にタッチ座標を取得できます。
  • GetInputKeyTimeDown 指定したキーが押しっぱなしになっている時間を取得します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る