[UE4] Landscapeで作った地形上にスプラインで道を作る手順

02.19

[UE4] Landscapeで作った地形上にスプラインで道を作る手順 はコメントを受け付けていません。

landscape_spline

UE4で広大な地形を制作する際には、Landscapeという機能を使います。

そして、Landscapeで作った地形を、スプラインを使って凹ませたり、そこにテクスチャを割り当てて道を作ることが出来ます。

以前にご紹介した、LandscapeFoliageと合わせて、地形制作の際に使ってみて下さい。

 

まずは、予め起伏のある地形を用意しておきます。

今回は、この山を横断する道路を作ってみようと思います。

 

道路にする予定地を、スプラインを使って整地します。

↓のように「Edit Splines」ツールを使用します。

 

「Edit Splines」ツールを選択したら、ビューポート上でCtrl+左クリックで、スプラインの制御点を並べていきます。

途中から再開したい場合や分岐させたい場合は、好きな制御点を選択してから新たな制御点を追加すると、そこから繋げていくことが出来ます。

制御点を選択した状態で「Details」ウィンドウを見ると、スプラインの幅などの設定項目があります。

 

スプラインの配置が終わったら、「Edit Splines」ツールの「All Splines」ボタンを押しましょう。

スプラインの形状に沿って、地形が編集されます。

今回は、山の頂上付近の制御点を地面に埋めて掘り下げ、山の合間のような道にしてみました。

 

 

道の形状に沿って整地出来たら、次にメッシュを割り当てて道路にします。

どれでもいいので制御点を選択し、「Details」ウィンドウから下記のように操作します。

1.「Select all connected」の「Segments」ボタンを押して、全てのスプラインを選択状態にします。

2.「Spline Meshes」の「+」ボタンを押して、要素を追加します。

3.追加した「Spline Meshes」の「Mesh」に、割り当てたいStaticMeshアセットを設定します。今回は、ContentExamplesから持ってきた「SM_Street」を使用します。

これで、↓のようにスプラインにメッシュが割り当てられました。

 

しかし、このままではメッシュの向きがスプラインと合っていません。

↓のように「Forward Axis」「Up Axis」の方向を設定し、メッシュの方向とスプラインの方向を合わせる必要があります。