BLOGブログ

2021.05.27UE5

[UE5] Unreal Engine 5の導入手順

執筆バージョン: Unreal Engine 5.0 Early Access

ついにUE5の早期アクセスが開始しました!

UE5を触ってみたい!という方のために、導入手順をご紹介したいと思います。

 

1.EPICアカウントの作成

まずは、下記のページにアクセスして、

ページ右上の「サインイン」からユーザー登録を行います。

https://www.unrealengine.com/ja/download

ページが英語で表示されている場合は、ページ右上の地球のアイコンから言語を切り替えることが出来ます。

言語を切り替えたら、「サインイン」をクリックして、登録を開始します。

名前とメールアドレス、パスワードを設定し、サービス規約を確認して「続ける」を押します。

 

2.ランチャーをインストールする

サインインが完了したら次は、Epic Games Luncherをインストールします。

 

おおまかに、ゲーム制作なら「パブリッシングライセンス」を

ノンゲーム制作なら「クリエイターライセンス」を選択する形で良いかと思いますが、

詳しいライセンスの詳細については下記をご覧ください。

https://www.unrealengine.com/ja/faq

 

また、詳細な契約書は下記リンクをご確認ください。

パブリッシングライセンス : https://www.unrealengine.com/ja/eula-reference/publishing-ja

クリエイターライセンス : https://www.unrealengine.com/ja/eula-reference/creators-ja

 

どちらを選択してもインストールされるランチャーに違いはないかと思われます。

 

「今すぐダウンロード」を押し、契約内容を確認し下記の画面まで進むと、「EpicInstaller」がダウンロードされます。

ダウンロードされた「EpicInstaller」を起動し、ガイドに従ってEpic Games Luncherのインストールを完了させてください。

ランチャーのダウンロードとインストールが完了したら、「EPIC GAMES LAUNCHER」を起動します。

すると、まずは下記のような画面が立ち上がります。

登録時に設定したメールアドレスとパスワードを使用してログインしましょう。

ちなみにココでも、画面左下の歯車のアイコンからランチャーの言語設定を変更することが出来ます。

また、画面下部の「あとでサインイン」から、サインインせずに起動することも出来ます。

 

3.Unreal Engine本体のインストール

ランチャーが起動したら、

1.まずは画面左側のタブから「Unreal Engine」を選択します。

2.次に、画面上部のリストから「ライブラリ」を選択します。

3.続いて「+」ボタンを押します。

すると、下記のようなメニューが出現します。

バージョン番号の右側の▼を押してバージョンを選択し、「インストール」を押しましょう。

これで、エンジン本体のダウンロードとインストールが開始されます。

上記の手順を繰り返すことで、複数のバージョンのUnreal Engineを、同じPC上で共存させることが可能です。

また、バージョン番号に「Preview」と付いている場合、そのバージョンは正式公開前の試用版となりますので注意して下さい。

また、現在は

1.まずは画面左側のタブから「Unreal Engine」を選択

2.次に、画面上部のリストから「UE5」を選択

3.画面下部の「早期アクセスのダウンロード」を選択

でもUE5のインストールが可能です。

4.Unreal Engine 5の起動

エンジンのインストールが完了したら、次はいよいよエンジンの起動です。

起動したいエンジンのバージョンの中央部にある「起動」を選択します。

 

Now Loading…

 

ロードが完了するとプロジェクトブラウザが開きます。

今回はサードパーソンテンプレートを起動します。

1.画面左側のリストから「ゲーム」を選択

2.画面中央のリストから「サードパーソン」を選択

3.プロジェクトの場所とプロジェクト名を設定し、画面下部の「作成」を選択

 

サードパーソンテンプレートを開くことが出来ました!

画面上部の「プレイ」を選択するとゲームが開始し、グレイマンを操作することができます。

 

これでUE5の起動が完了しました!

導入手順は以上になります。

 

次の記事では、UE5早期アクセスと同時に公開された「古代の谷」のデモを再生する方法を紹介しています。

ぜひこちらもお試しください。

[UE5] サンプルプロジェクト「古代の谷」を触ってみよう!

 

まだ早期アクセスではありますが、ぜひUE5を触ってみてくださいね!