BLOGブログ

2020.06.10UE4/Sequencer

[UE4]Sequencerでカットシーン制作(1) Actorを登録して動かしてみる

改訂バージョン: Unreal Engine 4.24

以前の記事でMatineeを使ったカットシーン制作を紹介していましたが、UE4.23 からMatineeは サポートされておらず、近い将来エンジンから除外される予定です。

現在はSequencerに置き換わっているため、Sequencerを使った方法を紹介します。

 

1.Level Sequenceを作成する

まず、Cinematicsから「Add Level Sequence」を選択します。

Level Sequenceを保存します

 

 

2.カットシーンの時間を設定する

まずは、カットシーン全体の時間を設定します。

タイムスライダの赤い三角をマウスで左ドラッグし、範囲を延ばしていきます。

キレイな数値に収めるには、スナップを有効にしましょう。

 

「Playback Options」(再生マークのボタン)のStartとEndからも設定できます。

3.Actorを登録する

次に、カットシーンにActorを登録します。

今回は、空のシーンに最初から配置されている椅子を動かしてみたいと思います。

 

登録したいActorをツリービューにドラッグまたは、

TrackからActor To Sequencerを開きActorを選択でActorを登録できます。

 

 

4.キーフレームを追加してActorを動かす

「Add a new key at the current time」 をクリック or トラックを選択しEnterキーでキーフレームを追加

続けて、10秒目にキーフレームを打ってみます。

1.まずは、タイムスライダをマウスで左ドラッグして、目的の時間に合わせます。
2.目的のActorを移動させます。
3.Transformトラックを選択して「Add a new key at the current time」ボタンを押します。
4.赤丸が、追加されたキーフレームです。

これで、0秒と10秒のタイミングにキーフレームが打たれた状態になりました。

「Play」ボタンを押して再生すると、椅子が移動する様子が確認できるハズです。

5.キーフレームを編集する方法。

キーフレームを右クリックして「Set KeyTime」を選択すると、直接数値でタイミングを移動することが出来ます。

 

もっと詳細に編集したい場合は、カーブエディタにアニメーションカーブを表示して、直接編集することも出来ます。

「Show the animation keys in a curve editor」をクリックするとSequencer Curvesエディタが開きます。

キーフレームだけでなく、曲線のタイプや減衰率などを調整することができます。