[UE4]Widget Interactionコンポーネントを使ってVRで触れるUIを制作してみる!

12.24

[UE4]Widget Interactionコンポーネントを使ってVRで触れるUIを制作してみる! はコメントを受け付けていません。

みなさん、こんにちは!クボッチです。

今回はVRテンプレートを使用して、VRで触れることができるUIを制作してみます!

 

▼3DWidgetで表示するWidgetを用意する

ボタンを押したら、本日の日付と時間を表示させます。

umg_01

widget_01

▼3DWidgetを作成する

新規にBlueprintクラスを作成し、Actorを選択します。

Add ComponentでWidgetを選択し、先程作成したWidgetをUserInterFaceのWidget Classに入れます。

このままだと表面した描画されない為、裏面も見えるようにRenderingのTwo Sidedにチェックを入れます。

そして、レベルに配置できるようにします。

widget_02

 

公式ドキュメントはコチラ!

[3Dウィジェットを作成する]2.Actorブループリントをセットアップする。

※ドキュメントではActorに対してMax Interactionを決めることができたようですが、

今回のバージョン(4.14.1)で作成した際に、項目が無くなっているので、ご注意ください。

 

▼右手と左手の作成

まず、右手を作成しましょう!

VRテンプレートに入っているBP_MotionControllerの子を作成し、BP_MotionController_Rightを作成します。

右手からはボタンを押すためのセンサーを出したい為、今回は4.13で追加されたWidget Interactionコンポーネントを使用します。

widget_03

そして、右手からどれくらいの距離のWidgetに反応できるかを決めるInteraction Distanceの値を入力します。

widget_03_1

 

公式ドキュメントはコチラ!

[3Dウィジェットのインタラクションの作成]

 

次に左手を先程と同じ方法でBP_MotionController_Leftを作ります。

左手からはモーションコントローラーのボタンを押したら、Widgetを表示させます。

位置調整用のSceneコンポーネントの下にBP_MainMenuをドラック&ドロップします。

widget_04

そして、指定のボタンを押したら、表示、非表示にするようにします。

widget_04_1

 

作成した、右手と左手をSpawnさせる為にテンプレートに入っている
MotionControllerPawn内の左手の右手を生成している部分のClassを置き換えます。

widget_05

 

これで実験できる環境が整いました!

・・・だがしかし!実際に試してみると…反転した状態でWidgetが表示されてしまいました!!

widget_04_2

どうやら、左手は右手を反転させて生成されているみたいですね!

作成した左手にScaleをかけます。

widget_04_3

widget_04_4

このようにお手軽にVR上でUIを作れました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る