[UE4]謎のマテリアルノード「Sprite」

07.13

[UE4]謎のマテリアルノード「Sprite」 はコメントを受け付けていません。

SS07

今週は、謎のマテリアルノード「Sprite」をご紹介したいと思います。

 

「Sprite」は、いわゆる「ビルボード」を作る為のノードです。

ゲーム制作者の方にはおなじみの用語かと思いますが、ビルボードとは、常にカメラに正対する3Dモデル(たいてい板ポリゴン)の事を指します。

エフェクトや、草木などの表現でよく使われる技術です。

 

早速ですが、一番シンプルな使い方はこうです。(XとYの値をパラメータ化し、インスタンス毎に変更できるようにしております)

SS01

板ポリに設定するとこのようになります。分かりにくいですが、常にカメラに正対する、ビルボードになっております。

SS02

 

XとYのサイズを直値で指定することになるので、いまいち使い勝手が良くないですが、

こんな感じに設定すれば、オブジェクトのXYスケールに連動してサイズが変わるビルボードも作ることもできます。

SS03

マテリアルの「Disable Depth Test」にチェックを入れることで、最前面に描画させるようになるので、2.5DなUIとして使うこともできますよ。

 

さて、ここからが本番です。

このノード、板ポリ以外のオブジェクトに適用すると、面白い挙動を示します。

UV展開図に沿った形に、ビルボード化されるのです。

自分でも何を言っているのかよく分からないので、やってみましょう。まずはこのようにマテリアルを組んでください。

 

SS04

こちらを、Engine Contentの円柱メッシュに適用するとこのようになります。

SS05

??

 

もう少し複雑なオブジェクトに適用してみます。

SS07

?????

 

使い道がさっぱりわかりませんが、どなたか良い活用法を見つけたら、ぜひ教えてくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る