[UE4] StarterContentを後から足したり、削除したりする方法

11.19

[UE4] StarterContentを後から足したり、削除したりする方法 はコメントを受け付けていません。

StarterContent

プロジェクト作成時には不要だと思ったStarterContent、後から欲しくなったことはないでしょうか?

わざわざ新規プロジェクトから移行しなくても、簡単に既存のプロジェクトに追加することが出来ます。

 

不要になったStarterContent内のアセット、削除したはずなのに、いつの間にか復活していた。。。 そんな経験は無いでしょうか?

プロジェクト作成時に追加されたStarterContent内のアセットは、削除しても復元されます。

 

今回は、この辺りのStarterContentの出し入れの方法をご紹介します。

 

***

 

StarterContentを含むプロジェクトを作り、Config/DefaultGame.ini の記述を覗いてみましょう。
下記のような記述があるハズです。

[StartupActions]
bAddPacks=True
InsertPack=(PackSource=”StarterContent.upack”,PackName=”StarterContent”)

 

実は、StarterContentは、最初に単にアセットがコピーされるだけでなく、「このパッケージをこのプロジェクトに追加登録する」という状態になっています。
パッケージが追加された状態であれば、エディタ起動時に内容がチェックされ、不足したファイルなどは大元のエンジンのインストールフォルダから再コピーされます。
これが、削除してもいつの間にか復元されてしまう挙動の正体です。

 

つまり、後からStarterContentを足したい場合、DefaultGame.ini をテキストエディタで開いて、上記の内容をコピペして再起動すればOKです。
逆に削除したい場合は、DefaultGame.ini から上記の記述を消したうえで、アセットを削除すればOKです。

 

StarterContentに限らず、マーケットプレイスからダウンロードして「プロジェクトに追加する」タイプのアセットパッケージは、同様の仕組みとなっています。
これを知ってしまうと、今度はStarterContentの中身を編集するのが少し怖くなってきますね...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る