[UE4] プレビュー版SpriteStudioプラグイン Actorからの基本的な使用方法

01.23

[UE4] プレビュー版SpriteStudioプラグイン Actorからの基本的な使用方法 はコメントを受け付けていません。

ss

プレビュー版 SpriteStudio5 Player for UE4 プラグインの使い方解説です。

本プラグインの紹介ページはコチラ、SpriteStudioエディタの入手はコチラ、UE4プラグインの入手はコチラからになります。

 

今回は、インポートしたアニメーションデータを、Blueprintから利用する方法についてです。

 

まずは、通常と同様にActorからBlueprintを作成します。

作成したBlueprintに適当な名前を付けて、ダブルクリックし、ブループリントの編集画面を開きます。

続いて、

    1. Componentsタブを開きます
    2. Add Component プルダウンから
    3. Ss Player を選択します

これで、Componentsリストに「SsPlayer1」という名前のコンポーネントが追加されました。

 

このコンポーネントを選択し、Detailsウィンドウから「SsProject」という項目を探して下さい。

デフォルトでは None となっているはずです。ここに、予めインポートしておいたアニメーションデータを設定します。

 

コレで、画面右側のビューポート上に、設定されたSSPJのデフォルトのアニメーションが出てきたと思います。

 

一度、この状態でActorをレベル上に配置してみましょう。

 

このように、Actor Blueprint に SsPlayerコンポーネントを追加して、そのコンポーネントにSSPJアセットをセットし操作する、というのが、本プラグインのメインの使用方法になります。

コンポーネントのプロパティの設定方法やBlueprintノードの一覧は、別記事で紹介させて頂きます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る