BLOGブログ

2020.10.07UE4/初心者向け

[UE4]カメラの動きに合わせてメッシュにテクスチャを表示させる

執筆バージョン: Unreal Engine 4.25

カメラを向けた時、何処を狙っているかわかりずらいですよね。
そんなときはDecalとLineTraceを活用して、カメラの動きに合わせてテクスチャを投影しましょう。

※今回はFirstPersonのテンプレートを使用して作成します。

ー用意するものー

・FirstPersonのテンプレート

・お好きなテクスチャ

 

ー作成手順ー

①マテリアルの作成

②DecalBPの作成

③カメラからLineTraceを飛ばして、DecalBPを生成させる

 

 

 

①マテリアルの作成

好きなテクスチャをUE4にInportをします。(コンテンツブラウザを開いて、ドラック&ドロップ)
新しいマテリアルを作り、「DecalTexter」と名前を付けます。

 

 

作ったマテリアルを開いて、詳細のMaterialDomainを「DeferredDecal」に
BlendModeを「Translucent」に変更します。

 

 

Inportしたテクスチャをドラック&ドロップで入れ、ベースカラーにつないで保存します。

 

 

②デカールBPの作成

新しいブループリントを作成し、「DecalBP」と名前を付けます(クラスはActorで作成しました。)

 

 

コンポーネントウィンドウから、[Decal]と検索し作成します。

 

 

DecalMaterialから、①で作成したマテリアルを選択します。

 

 

 

 

③カメラからLineTraceを飛ばして、デカールBPを生成させる

FirstPersonCharacterを開き、LineTraceByChannelを使って下記の様なノードを組みます。

 

 

SpawnActorで「DecalBP」を選択します。
SpawnActorをノードに出す時、日本語だと「クラスからアクターをスポーンします」と書かれていますので、注意してください。

 

 

次に、Spawn Transformと書かれているオレンジピンを右クリック→「構造体ピンを分解」を選択して

下記画像ようにノードを繋げます。

 

 

※薄青のピンRotationは、GetWorlRotationから繋げます

 

 

最後にSetLifeSpanでスポーンさせたDecalBPを消します。
SetLifeSpanは、指定秒数経った後削除されるノードです。

 

 

これで、カメラの移動に合わせて
メッシュにテクスチャを投影することが出来ました。