BLOGブログ

2017.08.09UE4/UMG

[UE4] [UMG]キャンバス内のウィジェットを動かす

UMGで配置したウィジェットを動的に動かしたい/位置を取得したい場合があると思います。
この操作は「スロット」を介して行います。

 

ウィジェットを任意の位置へ置くにはCanvasPanelを用います(CanvasPanelはWidgetBPを新規作成した時点で配置されています)。

CanvasPanel上に置かれたウィジェットの配置情報はそのウィジェットの持つCanvasPanelSlotに保持されています(スロットの種類は親パネルの種類によって変わります)。

 

ウィジェットの参照からSlotAsCanvasSlotを引き出すことでこれを参照できます。

 

CanvasPanelSlotからGetPosition/SetPositionとすることで位置の取得/設定が行えます。

 

 

Get/Set ができれば、あとはやりたい放題ですね。

↓キー入力でねこちゃんを動かしてみました。