BLOGブログ

2020.02.12UE4/初心者向け

[UE4] ノードの整列 (Alignment)

執筆バージョン: Unreal Engine 4.24

今回はブループリント・マテリアルエディタ両方で使えるようになったノードの整列機能についてご紹介します。

ここ最近のUE4では、デフォルトのショートカットキーにノードを整列する機能が割り当てられています。

また、以前ではブループリントエディタだけでしか使えませんでしたが、マテリアルエディタでもノードの整列ができるようになっています。

今回はマテリアルエディタで試してみましょう。


実例

このようなノードが組まれており、きれいに整列したいとします。

まず、Emissiveにつながる線をまっすぐにしたいので上部のノードを選びQキーを押します。

Qキーは右クリック>Alignment>Straighten Connection のショートカットキーになります。

すると、直線上に整列され見やすくなりました。

これだけでも十分な気もしますが、下のノードも整列してみましょう。

ノードを選択し、Shift+Sか右クリックからAlign Bottomを選びます。

下のノードもきれいに整列され、見やすくなりました。


整列 一覧

上下左右 揃えの各ショートカットはWASDキーとShiftの組合わせと考えると覚えやすいでしょうか。

中でもStraighten Connection (Qキー)やAlign Top/Leftはよく使います。

 

下図を例にそれぞれの整列を試してみます。

Align Top (Shift+W)

上揃え

Align Middle (Alt+Shift+W)

中央揃え(高さ)

Align Bottom (Shift+S)

下揃え

Align Left (Shift+A)
左揃え

Align Center (Alt+Shift+S)

中央揃え

Align Right (Shift+D)

右揃え

Straighten Connection (Q)

直線つなぎ

Distribute Horizontally (Shift+H)

横を等間隔に並べる

Distribute Vertically (Shift+V)

縦を等間隔に並べる


まとめ

これらの機能を使うとノード位置の微調整が楽になり、処理の視認性が良くなります。

便利な機能ですが意外と知られていない気もしますので、是非使ってみてください。