BLOGブログ

2020.01.17UE4

[UE4]様々な型のデータテーブルをCSVからインポートする

執筆バージョン: Unreal Engine 4.24

データテーブルの作成

データテーブルは、データとしてもつ構造体を指定することで、その構造体の型に沿ったデータ郡を作成するための機能です。データの型には整数(Integer)や、文字列(String)などを用いることができ、記述方法のフォーマットが守られていれば、Excelなどで作成したCSVファイルをUE4上にインポートもできます。

データテーブルの基本的な使い方については、弊社ブログの過去の記事を参考にしてください。

http://historia.co.jp/archives/779/

CSVの記述フォーマットについて

CSVの基本的なフォーマットは列に構造体の持つ型を記述し、行にデータの実体を記述します。ここで、整数ならば単に数値、文字列なら単に文字をCSVに書けばよいですが、配列のような型はどのように記述すればよいでしょうか。

実は、UE4のデータテーブルをCSVからインポートする際のフォーマットは、UE上からCSVファイルをエクスポートすることで確認できます。ここでは配列を例にして、CSVのフォーマットを確認する方法を紹介します。

まず、配列を持つ構造体を作成します。

次に、この構造体のデータテーブルを作成し、適当にデータを作成します。

作成したDT_MyDataTableを右クリックして「Export as CSV」を選択して、データテーブルをCSVファイルとしてエクスポートします。

エクスポートしたCSVファイルを開くと、データテーブルとしてインポートするためのフォーマットがわかります。今回の例の場合では、配列は括弧で囲い、カンマで数値を区切ることで整数の配列をデータテーブルの値として使用できることがわかります。

様々な型のデータテーブルのインポート

配列以外の型のフォーマットも確認してみます。

Set型

整数Set型のデータテーブルを作成しました。

 

Set型のときも配列と同様に括弧で囲って、カンマで区切ればよいようです。
Set型の場合は、値の被りがないようにする点のみ注意が必要です。

Map型

Keyを整数、ValueにStringをもつMap型のデータテーブルを作成しました。

Map型のときは全体を括弧で囲い、更にKeyとValueのペアを括弧で囲ったうえで、そのペアをカンマで区切って羅列すればよさそうです。

こちらも、Map内でのKeyに被りがないように注意が必要です。

Texture型

Textureへの参照をもつデータテーブルを作成しました。

アセットの型を先頭に記述し、シングルクォーテーションでパスを囲えばよいようです。

 

データテーブルのエクスポート機能を使えば、CSVとしてインポートするための色々な型のフォーマットを確認することができます。データテーブルとしてまとめたい型のフォーマットを調べて、作業を効率化しましょう!