BLOGブログ

2019.05.22UE4/Material

[UE4]Curve Atlas の使い道いろいろ

執筆バージョン: Unreal Engine 4.20

今回の記事では、「Curve Atlas」の使い道をいろいろ模索してみたいと思います。

↓Curve Atlas って何?という方は、こちらの記事を御覧ください。

[UE4]カーブアトラス(Curve Atlas)アセットを使ってみる

 

①セルシェーディングのルックアップテーブルとして利用する

↓こんな感じで、セルシェーディング風マテリアルにCurve Atlasを適用してみます。

↓適用するCurveを変えるとこの通り。

 

 

②Fog風のPost Process Materialのルックアップテーブルとして利用する

↓こんな感じで、Fog風のPost Process MaterialにCurve Atlasを適用してみます。

↓適用するCurveを変えるとこの通り。NPR系の表現に合いそうですね。

 

③World Position Offsetのオフセット値として利用する

↓こんな感じで、World Position Offset のオフセット値にCurve Atlasを適用してみます。( R=X , G=Y , B=Z )となります。

↓左右の球メッシュに別のCurveを適用してみました。複雑なカーブを適用すれば、より複雑な動きを作る事ができます。

 

皆さんも、Curve Atlas を使って色々遊んでみましょう!