[UE4] プレビュー版SpriteStudioプラグイン HUDで使用する方法

01.23

[UE4] プレビュー版SpriteStudioプラグイン HUDで使用する方法 はコメントを受け付けていません。

ss

プレビュー版 SpriteStudio5 Player for UE4 プラグインの使い方解説です。

本プラグインの紹介ページはコチラ、SpriteStudioエディタの入手はコチラ、UE4プラグインの入手はコチラからになります。

 

今回は、SpriteStudioのアニメーションデータをHUDに使用するための方法をご紹介します。

UE4のHUDを作ったことが無い方は、コチラで基本的なHUDの作り方を解説していますので、ご参照下さい。

 

HUDでSpriteStudioのアニメーションデータを使用する場合は、HUDのBlueprintを作成する際に「SsHUD」をベースクラスとして指定して下さい。

 

HUDであっても、SsPlayerコンポーネントを追加するところまでは、通常のBlueprintと同様です。

アニメーションの再生制御も、全く同様の方法で行います。

 

但し、3Dへのメッシュの描画は不要になりますので、SsPlayerコンポーネントの「Draw Mesh」をOFFにして下さい。

 

代わりに、通常のHUDへの描画と同様、「Event Receive Draw HUD」から「Draw Ss Player」を呼び出します。

コレで、HUDに対してSpriteStudioアニメーションを描画することが出来ます。

指定する座標は、アニメーションデータのピボット点の座標になりますので、注意して下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る